FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
書初め
あけましておめでとうございます。
年明けとともに、このブログをスタートさせようと思います。
ともども、よろしくお願いたします。

ドイツでは、まるで戦争のような花火で新年を迎えます。ドイツでは基本
的に花火は禁止されているのですが、ジルべスター(大晦日)の数日間だ
け、花火が解禁され、大晦日の夜から元旦の早朝まで、打ち上げが許されます。

まぁ、安いものでもないので、自分で買ったことはありませんが、線香花火をやってみたりすることもあります。

私の自宅の窓は、前にさえぎるものがないため、家々が上げる花火が本当によく見え、それを十分満喫しました。
でもやっぱり日本の花火の技術は格段、上。
こちらはねずみ花火やロケット花火のような、とにかく派手に音がするものが多く、
むしろ音だけ派手に鳴って、「んで・・・?」という感じ。
「花火の音楽」など悠長に聴いている場合ではありません。


どちらかというと「コワイ」のが私の正直なところ。

ドイツ人は何かを「集中して楽しむ」ことが得意です。
この、花火が許された数時間の間、やりたい放題楽しんで、きっぱりやめるのです。
この集中力は見習いたいところですね。
日本人のように「残業」をしたりもしないし、お昼休みはたっぷり2時間あるし、
最初は「怠慢だな~」と思いましたが、「やるべき時にはやる」のが彼らのすごいところ。
ガッとやって、休むべきときにはちゃんと休む。
いろいろ融通がきかなくてイライラすることもあるけれど、
いざ慣れてしまうと、この潔さは気持ちよくなります。

日本のお正月は三が日はもちろん、七草粥を食べるまで、なんだかいろいろなことがスローですが、
ここでは2日には、目が覚めたように全てが動き出します。
まぁ、その分クリスマスはゆっくり楽しむのですが。

新年早々頭がもやもや・・・なんてスタートを送るのも、ね!

なかなか気に入っています。
スポンサーサイト
【2010/01/06 01:28 】 | ベルリンの日常 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。