FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
アバド。
今夜はまったりしながら、図書館で借りたアバドのドキュメント、「Hearing the Silence」を鑑賞。
彼のリハーサルを初めて見たときのことを思い出す。
大学生のころだったと思う。
あれはサントリーホールでのマーラーチェンバーオーケストラのリハーサルだった。
一般向け(もしかしたら学生向けだったかもしれない)に公開されていたのだ。
ほとんど初の「アバド体験」(正確には、いつだったか正確に覚えていないが、東京文化会館にてベルリンフィルの「トリスタンとイゾルデ」を聴いている)。
それはそれは、どんなことを話すんだろう、どうリハーサルを進めるのだろう、と期待いっぱいで行ったわけだ。

舞台に現れたアバドは、想像していたよりも本当に小柄な、痩せて猫背な男性。
とても「控えめな人」という印象。

そしてリハーサルが開始されたのだが、
何に驚いたって、巨匠アバド、「何も言わない」のである。

いや、もちろん全く何も言わないわけではないが、演奏を止めて、しばらく沈黙。
そして「昨日よりいいよね?」とかぽつり。
楽譜を見ながら何か考えている。
仕方ないので(?)コンサートマスターや各首席奏者などがここはどう、こう、話し合いを始める。
奏者がアバドに質問を浴びせかける。巨匠は静かに答える。
じゃ、もう一回。
アバドが指揮棒を構える。
ほとんどその繰り返しだった。

私はこれに激しく面食らったのである。

その後、このリハーサルの本番を聴く機会に恵まれ、
またベルリンに来てからもベルリンフィルにて何度となく聴き、わかってきたことは、
もう、彼の掌が、存在が、全てを物語っている、ということである。
神がかっている、としか言いようがない。

今日見たドキュメントでも、そのことを再確認。
インタビューの中で、アルブレヒト・マイヤー氏が言っていた。
彼は、聴け、お互いの音を、周りの音を聴け、そう繰り返し言うのだと。
そう、音楽を創っていく過程で、それが原点であり、それが全てである。

彼の周りに立ち込める空気は、周りをそうさせる力を持っていると、私は感じる。
遠い客席で見ていたってそれを感じるのだ。
彼の持つ、人の注意を引き寄せる、そして人の感性を開き、導く「引力」はすごいとしか、言いようがない。
てのひらから、何かが出ている。
まさに魔法のようだ。

私にとって、尊敬、などという域はとっくに超えた、まさに神のような存在。
ただの、いち聴衆、という存在であれど、
彼と同じ時代に生き、肉眼で姿をみとめ、同し空間で同じ空気を吸う機会を与えられたことを幸せに思っている。
次にベルリンにいらっしゃるのは5月。
ベルリンフィルで、マーラー10番など。

健康で、これからも素晴らしい演奏を聴かせてくれることを、心から願っている。
スポンサーサイト
【2011/01/13 07:32 】 | 音楽 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。