FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
アバド指揮、ベルリン・フィル。
もう、震えが止まらなかった。
心臓が握りつぶされるかのよう。

今日の演奏会、クラウディオ・アバド指揮、ベルリンフィル。

彼は神のようだ。
でも、人間なの。とても人間。人間の音、がする。


今日、自分が生きていることに心から感謝せずにいられなかった。

後半、モーツァルトの17番のソリストには、M.ポリーニが登場。
私はここで深く考え込んでしまう。
「年をとること」についてと「年のとりかた」について。
一体この二人の巨匠は、どんな風に今まで、時間のひとつぶひとつぶを重ねてきたのだろう。
それは血の滲むような努力とか、試練とか、挫折とか苦しみや悲しみといったことより、
「ひとりの人間として、どういうふうに生きてきたか」というところに、私の関心はある。
例えば、あるひとつの物、ないしものごとに対して何を感じるかとか、生活の色とか
感性とか価値観とか哲学とか人生観とか、そういったこと。
そして私は今、意味と内容にフルに満たされた、年の取り方をできてきたのだろうかと。。。。

今日、マーラーの10番、Adagioの最後の音が鳴り響いたとき、
アバド氏は聴衆の感動とは裏腹に、それはなんでもなかったかのように、すぐに体勢を緩めたが、
私は結局、何度となく繰り返されるカーテンコールの中、ろくに拍手ができなかった。
その後、師匠や知人たちに会っても、ろくに言葉がでてこなかった。
それ位、放心していた。
そういう、音楽だった。


巨匠たちの話が先になってしまったが、
前半しっかり魅せつけた若手のホープ、アンナ・プロハスカの歌もとっても秀逸だった。
今夜はモーツァルトのアリアとアルバン・ベルクのルル組曲から。
どんな作品でも、するりと自分のものにしてしまう感じ。とってもタフ。
彼女はベルリンで勉強し、ベルリン国立歌劇場でも頻繁に歌っているため、
ベルリンでは聴ける機会も多く、またとても人気。

しかし今日は、アバド氏が前回にも増してお元気そうだったのが、
今日、何よりも嬉しかったこと。
姿勢もぴんとしていて。
跳ねるように舞台に出てきて。
いつまでもお元気でいてほしい。

さて、水曜日には再びアバド氏がフィルハーモニーの舞台に上がります。
今度の水曜日、2011年5月18日は、
マーラーの100回目の命日なのです。
それを記念した、一夜限りのコンサート。
今日演奏されたマーラーの10番、Adagioと、Lied von Erde、すなわち「大地の歌」というプログラム。
ソリストには私の大好きな二人、
ヨナフ・カウフマンとアンネ・ゾフィー・フォン・オッター。

楽しみです。
スポンサーサイト
【2011/05/16 07:21 】 | コンサート | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。