FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ミッシャ・マイスキーのコンサートで起きたハプニング
今日はミッシャ・マイスキーのバッハの無伴奏組曲1・4・5番のコンサートへ。
しかし、結果から言うと、大変残念な演奏会となりました。
2曲目の4番をいざ弾こうと、彼が弓を構えて、最高の沈黙がおとずれ、
息を吸おうとした、その時、

ピピピピピピピピピピピピ、ピピピピ、ピピピピ・・・

会場は深い深い落胆の空気に包まれました。

絶句、としかいいようがありません。

完全に気分の悪くなってしまった巨匠、2番を弾きます、といって、急遽曲目変更。
(おそらく曲目変更は最初から計画されていたものではなく、このハプニングによって、彼の気分が、2番を弾く気分にならなくなってしまったことによって、だと思います。そのようなことをちょっと二言三言、話したのですが、落胆した彼の声はよく聞こえず、ちゃんと理解できず)

でもその後休憩を挟み、しかし終演まで巨匠の表情は明らかに「不機嫌」のまま、
アンコールも聴衆の熱烈な拍手もむなしく一曲のみ、
開演前と休憩にはあちこちに「今日は終演後サイン会!!」の真っ赤なポスターが貼られていましたが、
終演後にはそれらは全てなくなっており、予定されていたサイン会も、中止となりました。

私の前に座っていた10歳くらいの女の子、チェロを習っているようで、
コンサート中ずっとバッハの楽譜を握り締めており、
終演と同時に、サイン会の列に並ぼうと、一目散に走って出て行ったのに。


すべての人が「がっかり」を味わったはず。


電話が鳴ってから、いつ次に鳴るだろう、とビクビクしていて落ち着かなかったのは私だけじゃないはず。


電話を鳴らしてしまった人も、不注意だったわけで、悪気があったわけではないはずだから、
こんなに演奏会全体を、完全に悪い雰囲気にしてしまったことはショックだと思うし、
私だったら一生立ち直れないかもしれませんが、
でもそれだけ全てを台無しにしてしまう、罪なことだ、ということを、皆が理解せねばいけませんね。
ダメですよ、絶対。

それでも、今日は本当に極端で希少な例で、
ベルリンの聴衆は、基本的には「聴衆として」とても優秀です。
フィルハーモニーの大ホールなど、2000人以上の人間が、息を潜めて、耳を傾けている瞬間は
並ではない緊張感があり、ゾクッとするほどです。
しかし非常に高いレベルの聴衆が99%であっても、1%の人間に、それをぶち壊しにする能力が十分ある。

コンサートホールというのは、本当にデリケートな場所なのです。

スポンサーサイト
【2011/02/23 07:59 】 | コンサート | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<アバド指揮、ベルリン・フィル。 | ホーム | 犬と囚人>>
コメント
はじめまして!
ヘムヘムさんこと、岡崎にお住まいの邊見さんのブロともの「ティンパニで朝食を」こと、高木章と申します。東京在住で、昨年12月に逸見さんともミニコンサートでお目にかかりました。こちらのブログも今まで何回かクリックして訪問させていただいております。

コンサート会場でのちょっとした不注意(過失)がとんでもないことに…これは本当に肝に銘じておかなくてはいけませんね。「音を憎んで人を怨まず」ですが…(笑)

私はここ数年「コバケンとその仲間たち」で活動しており、障がいのある方(知的障がいも含めて)も会場にお招きして、「ともに音楽を味わう」というテーマにチャレンジしています。
小林研一郎先生ご自身、ブダペストでのある出来事以来ずっと悩みながら重ねてこられた思いへのひとつの答えかもしれません。
昨年3月、NHK厚生文化事業団の50周年記念の「こころコンサート」では、さまざまな障がいのある方31人が同じオーケストラの中でひとつの音づくりに挑戦しました。

そんな話題を綴り始めてから、私のブログも1年を少し過ぎたところです。硬軟色々な話題を綴ってます。よかったら一度ご訪問いただけたら幸いです。
なお一部パスワード領域をかけています。パスワードが必要な記事へは「akira1779」を入れてください。

長々と失礼しました。
【2011/05/10 00:54】 | URL | Akira T. #-[ 編集] | page top↑
Akira.Tさま

コメントをありがとうございます。
なんだかブログを大変長いこと放置しており。。。
ずっと開いてもいなかったもので、お返事が遅くなり、失礼いたしました。
こんな、マイペースすぎるブログですが、時々のぞいていただければ幸いです。
ありがとうございます。
【2011/05/16 07:32】 | URL | タヒチ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://innig.blog110.fc2.com/tb.php/35-2cad01bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。